デザイエ土地探しのポイント

戸建住宅を建てる人向けの土地探し

一戸建てを建てる人のための土地探しのポイントを分かりやすくご説明いたします。

ポイント1.予算を把握する

住宅と土地、諸経費で一番いいバランスを探る!

「どうせ住むならいい土地に住みたい!」と考えるのが普通だと思います。
土地は大切な居住地で財産です。失敗はできません。
ただ土地選びだけに気を取られていると、家造りの予算が足りなくなることがあります。
土地も大事ですが、これから住む家も大切な空間です。
また家造りには様々な費用がかかります。
「土地購入」・「住宅建築」・「住宅設計料」・「不動産仲介手数料」・「各種申請料」・「固定資産税等の税金」の費用に加えて、「家具」・「生活雑貨」・「電気製品」・「引越し」・「近隣挨拶」等の費用もです。
これらの諸費用も考えた無理のない予算計画を立てましょう。

実際に家を建て始めると、様々な予定外のことが起こるかもしれません。 それによって、ある程度費用の変更が出て来ますが、大幅な予算オーバーをしないようにしましょう。。

「土地」と「建物」と「諸費用」を合計して資金計画を考えて、費用のバランスを考えましょう

ポイント2.優先順位をつける

あなたは土地と家に何を求めますか?

あなたは土地と家に何を求めますか?家族の構成や仕事、状況が違うので求めるものは違うと思います。
予算は○○万円まで、「図書館が近い」、「病院が近い」、「小学校が近い」、「駅が近い」、「バス停留所が近い」、「閑静な土地」、「海が見える土地」、「夕日が見える土地」、「庭が取れる土地」、「2台以上の駐車スペースが取れる土地」、「坂道がない」等、際限のない条件が出て来ると思います。
そこで、どの条件を選ぶと「どのようなメリット・デメリットあるのか」を考えて、家族みんなで優先順位を決めましょう。
例えば、「駅近く」の優先順位が高い場合、「閑静」や「自然」、「交通量」などは、ある程度我慢しなければなりません。
その際に将来を見据えた人生設計も含めて考えましょう。
優先順位が決まれば「市街地」・「郊外」・「住宅団地」のような、土地の大きな枠組みが決まります。

将来設計から逆算して、土地の希望条件を考える

よく考え、話し合い、妥協できる点と妥協出来ない点を明確にしましょう。
優先順位の付け方によって、予算の組み直しが必要になる事もあります。
不動産売買は早い者勝ちですので、買うべきか迷っている間に他の人が買ってしまうかもしれません。
しかし、優先順位を決めていれば決断も早くなります。
「予算」や「土地条件の優先順位」を決めてない状態だと、勢いで土地を買い大幅な予算変更を迫られたり、思い通りの家を建てられなかったり、いくら土地を見ても決められないことがあります。
「予算」や「土地条件の優先順位」を基に購入しないと、後悔が残ってしまう可能性が高いです。

3.「いい土地」にとらわれない

土地の条件を考える際に、一般的に「いい土地」「悪い土地」と言われる主な条件を挙げてみます。
当然のことですが、「いい土地」は金額も高く、「悪い土地」は安くなります。

一般的に「いい土地」、「悪い土地」と言われる土地と、自分にとっての「いい土地」、「悪い土地」は違います

自分にとっての「いい土地」、「悪い土地」は違います

一般的な土地評価にこだわり過ぎて、自分のライフスタイルや優先順位と違う土地を購入しても満足のいく生活が過ごせるでしょうか?確かに「いい土地」の条件は土地を選ぶ際に重要な要素で譲れない条件もあると思います。
しかし、一般的に「いい土地」と言われる要素をすべて持った土地などほとんどないです。
あったとしてもすぐに買われてしまったり、一般の人では、とても手が出せない額になってしまいます。
また一般的に「悪い土地」と言われていても、必ずしも住みにくい環境というわけではありません。
景観のいい斜面を望む人がいたり、普段電車に乗らない人は駅から遠くても困りません。
また、土地の問題を家の造り方で解決できることも多くあります。

イメージしていた家ができない土地では困りますが、住みやすさは住む人のライフスタイルや考え方、家族構成などで大きく変わります。
一般的に「いい土地」を探すのではなく、あなたや家族にとって「満足できる土地」を探さなくてはいけません。
「悪い土地」と言われる土地でも、あなたのライフスタイルに合った住みよい土地になります。
「土地」と「家」を切り離して考ずに、トータルで満足できる環境を目指しましょう。

ポイント4.土地を知ろう(住環境、法的用件、地盤、境界や下水道設備の有無)

気になる土地が見つかったら実際に現地に行って確認してみてください。住環境を自らのライフスタイルに照らし合わせ、優先順位に沿ってチェックしてみましょう。

土地の確認は晴れた日の休日にのみ確認するのではなく、「平日」・「夜」・「雨の日」・「風の強い日」など様々な状況下で、その土地や周辺環境を確認しましょう。
一度訪れた時には気付かなかった事が見つかるかもしれません。

条件を変えることで一度ではわからなかったことに目が向く!

土地の確認には条件を変えて複数回行ってみましょう。土地の環境以外も確認しましょう。

これらの確認を怠ると、イメージした家が建てられなかったり、想定外の費用が必要になることがあります。
最悪の場合、建築工事が出来ない場合もあります。
自分たちだけでこれら法律や公共設備、地盤のことまですべてを確認するにはとてつもない労力を必要とします。
何をどう調べる必要があるのか?何がわからないのかわからない!ということもあると思います。
困ったこと、わからないこと、不安なことはデザイエにお尋ねください。サポートいたします。